ウォータージェット工法以外での日進工業の技術を紹介します

ドライアイスブラスト洗浄

ドライアイスブラスト洗浄とは、ブラスト研掃材にドライアイスペレットを使用し、それをブラストガンにて対象物に高速で噴射させることで 洗浄表面の汚れを除去していく工法です。
ドライアイスペレットを研掃材に使用することで、ドライアイスは気体へと昇華し、付着物のみが残ることになります。
そのため、後処理の時間短縮や産業廃棄物のコスト削減にもつながります。
ドライアイスは、硬度2で金属表面に傷をつけることは少なく付着物のみを除去する為に、機械や装置の分解が  ほとんど不要です。また室内・電気設備など水で洗浄できない設備や場所でも洗浄施工を可能としています。

剥離原理

【ドライアイスペレット】付着物に厚みがある場合に適している。

使用例:
・頑固に付着している全ての付着物
・ダイカスト金型の付着物
・堆積しているインクや塗料
・機械設備の外装
・錆、グリスなど粘度の高いオイル
・鋳造、鍛造設備の付着物
・食品製造オーブンラインの焦げつき

 

【ドライアイスパウダー】付着物が薄く、母材の形状が複雑な場合に適している。

使用例:
・樹脂、ゴム金型の付着物
・制御盤など通電設備の埃や粉体塗料など
・タンク内に付着した粉体
・半導体ウエハー
・上錆、粘度の低いオイル
・機械設備の内部
・母材を傷つけてはいけないもの

 

洗浄システム

施工例

●機械のオーバーホール(産業機械・印刷機械・食品加工機)
~ 乾燥設備、塗装ブース、ファン、ダクト、粉体硬化物
●熱 交 換 器 等 ~ フィン、チューブ、プレート等
●金型・スクリュー ~ 脱脂成型金型等の離型剤・汚れ除去
●木・コンクリート ~ 表層面を薄く研磨して剥離・洗浄
●コ ン タ ミ 対 策 ~ 粉原料等の原料替え前リセット洗浄、生産終了時洗浄

 

 

システムの特徴

弊社では、あらゆる箇所での洗浄システムの御提案・施工をさせていただいております。上記は洗浄工法の一例ですが、目的や設備現場に応じた対応が可能となっております。

ドライアイスブラストの特徴は、水による洗浄ができない箇所・設備での洗浄施工が可能なことで、「駆動・熱効率の回復」 「洗浄グレードの向上」「洗浄施工の工期短縮」が図れることです。

またショット材は昇華する為、産廃の削減にもつながります。もともとドライアイスは、工業生産の副産物として外気に排出される炭酸ガス(CO2)を回収、製品化して有効利用されており、環境にやさしい工法になります。

日進工業は「品質・工程・コスト・環境」のご提案をしております。お気軽にご相談ください。