現場状況によって、設備の形状等は異なります。
あらゆるケースに対応できるよう、パソコンを使用して部品のカスタマイズ、および設備制作を行います。

細かい部品は、その場で制作してしまいます。
長年の熟練された技があってこそ、スピーディかつ適切な対応をが可能となります。

 

自社開発・制作されたウォータージェット設備は、基本的には自社施工を行います。
現場と開発部門との連携がとれていることが、日進工業最大の特長の1つと言え、柔軟な対応を可能にしています。